item1b1
このサイトについて 著作権
ホーム item1c
LINKS
item4

竹内淳の…やわらか音楽分析

前ページの「クイズ」答え

問1)1.は3小節間和音を変化させないことで、充分そのトニック和音を聴くものに根付かせ、4小節目で満を持して次のドミナントに行く。4小節目で初めて和音が変わるところに、新鮮な驚きと醍醐味がある。2.は2小節目でドミナントを出してしまっているので、4小節目の変化の醍醐味がなくなり、単調になる。

問2)1.の4小節目にくる和声リズム(和音が変わるタイミング)の変化は聴く人に「新しい和声リズムの到来」を予感させ、そのあとは8小節目の半終止までゆったりと新たな和声リズム(今度は1小節ごとに和声が変わる)で歌い込む。それ以上の新たな和声的刺激を必要としないほど、4小節目の変化が重いものだということ。3.は4小節目で変化をさせなかったもの。それで単調になり、後半の属調での全終止という大きな変化を呼び込んだと言える。つまりこの曲の8小節は、4小節目のドミナントの有無1つで大きな違いが生じたということ。

和音のもつイメージとは?(その3)     by 竹内淳

item2

ホーム和音のもつイメージとは?(その1)(その2)>(その3)

注意を要するのは、音階固有の和音進行をイメージ化する場合、「イメージ」としてとらえ易いものととらえにくいものがあることだ。とらえ易いものとは、和音の方向性がは
item3a
つまり全ての進行を「イメージ」という言葉にはめ込もうとすること自体に無理があるのだ。イメージといえないものであっても、和音が次に一音でも移動したときに、そのわ
B.  和音の響き自体の持つイメージ
item9
item10
例2)根音のある5sと根音省略をした∞sとの決定的違い。それは和音の中に完全4度音程が含ま

(無断転載厳禁。Copyright Ⓒ2008   竹内淳)

このサイトについて 著作権 管理者について LINKS LINKS