item1b1a1a
このサイトについて 著作権
ホーム item1c1a
LINKS

ホーム基本位置の意味その1その2>その3

item4

竹内淳の…やわらか音楽分析

基本位置の意味 その3  by竹内淳

item3

竹内淳

竹内淳

竹内淳

譜例5 ショパン「別れの曲」(エチュード第3番)

item7
ショパンの「別れの曲」は、これでもかというほど基本形のドミナントにこだわっています。安定感、安心感、そして懐の深さを基本位置に求めた好例。
item10
1.)「音程の意味 A-2」で挙げた、シューマンの「幻想曲」第2楽章の例も基本位置が効果
◎作曲家が最もこだわること。基本位置を使うとは、すなわち音楽の土台を支える杭を地中深く入れ込む意識をもつ(jt)ということです。基本位置を使うことで、地に足が
cglback01

まだまだ続く

※ポピュラー、ジャズでは意識がやや異なります。更なる本質論になるのでここでは敢えて触れません。

  ↑
これは厳密にはHdurに属するが、ここでは次の和音へ
進むための経過和音。
sus4になっているのは何故か?
考えてみましょう。答えは別なところで。

このサイトについて 著作権 管理者について LINKS LINKS