item1b1a1a
このサイトについて 著作権
ホーム item1c1a1
LINKS

竹内淳の…やわらか音楽分析

item4

無断転載厳禁。竹内淳CopyrightⒸ2008 Jun Takeuchi

竹内淳の…やわらか音楽分析

終わり

cglback10

[4]硬い音程のもう1つの側面

2)の答え
クイズ 

by 竹内淳

音程の意味 A-3

竹内淳の…やわらか音楽分析

・シューベルトの「ます」(ピアノ5重奏曲第4楽章及び歌曲)のテーマ。(特に前半部)
item2

ホーム音程の意味 A-1A-2> A-3

item7
item10

ヒント

あえて8度や5度等のカタイ音程関係を使って、楽想に勇ましさや機敏さ、または突き放した感じ、高揚感などを与える事ができます。
item13
item18

答えと解説

item21

音程のカタさを透明感につなげている曲。(シューマン/幻想曲第2楽章=譜例3 の類似曲)

この2曲の譜面は載せません。ご自分で必ず調べてみましょう。

メロディとバスの音程を見ると、2曲とも強拍に5度や8度が多く使われています。でも硬いというよりは、響きの透明度の高さが勝っている楽想だと思います。

item19
このサイトについて 著作権 管理者について LINKS LINKS