item1b1a
このサイトについて 著作権
ホーム item1c
LINKS

竹内淳の…やわらか音楽分析

item4

レッスンについて
下記3点について、時間、金額応相談。個別にご連絡ください。

1)「音楽のとらえ方」月1回(10000円)1時間45分が基本です。
  和声理論などを含むことも可。
単に分析の方法を教えるだけでなく、確実に音楽を捉える力が上達します。そこは実証済みです。

(2)「作曲(和声含む)」(受験生可)                  
(3)ソルフェージュその他の科目に関しては、ご相談に応じます。

  ※時間内はみっちりレッスンします。ただし、やる気の無い方にはやめていただきます。

★凡例で申し上げたように、ここでは大作の完全分析版は掲載しません。

現在、完全に私のコンセプトで分析されている名曲で、文書になっているものは2作品しかありません。それは、

1. モーツァルト/ピアノソナタハ長調 kv.545 第3楽章

2. ベートーヴェン/ピアノソナタ第2番op.2−2 第1楽章

これら2曲の分析を読めば、必ず、音楽を感じながらする分析がどういうものかをお分かりいただける、と自負しております。

ただ申し訳ないですが、このサイトを通じてそれを無料で頒布するつもりはありません。私の講座をお聞きいただくか、レッスンを受けていただければ、希望者には無料でお分けしております。

★自宅(鎌倉市西鎌倉)レッスンでは、他では決して聞く事のできない!!最高に楽しい内容をお約束します。音楽をとらえる能力が格段にアップします。

ほんの一例:

バッハの諸作品。

ハイドン「ピアノソナタニ長調」第3楽章

モーツァルトはもちろん。(笑)

ベートーヴェン「ピアノソナタ第5番」「第8番“悲愴” 」「交響曲第5番“運命” 」その他ベートーヴェンの語法について

ショパン「バラード」「ノクターン」「エチュード」、ショパンの語法について全作品

シューベルト、シューマン、ブラームスこの3人は大好きです…(^_^;)、リスト…
シューベルトの「死と乙女」も面白いです。

フォーレの作品(歌曲からピアノ曲、室内楽その他)

>>>フォーレの歌曲「ネル」ではドイツ音楽とフランス音楽の和音の感じ方の差異をご説明します。そのうちこのサイトにも書くかもしれませんが。また、ノクターンの第6番の分析を通じて、フォーレの語法や音楽の作りを解き明かします。

ドビュッシーの作品,

ラヴェルの作品、その他

その他、童謡からブルクミュラー、子どものための作品その他。ポピュラー曲も。

分析以外では、和声、作曲、伴奏づけ、ソルフェージュなど自宅でレッスンしております。下記参照

<竹内淳 簡単プロフィール>

東京芸術大学音楽学部作曲科卒業

現在、カワイ音楽教室の研究部門で仕事の傍らフリーでも活動。

宮本文昭(ob.=5)、高橋美智子(perc.)、矢部達哉(vn)、yumi(fl.)、カノン(Vo.)などのアルバムで多数の作編曲を手がける。
震災復興プロジェクト-樋口達哉&仙台フィルのCDでアルバムアレンジ(2012年3月11日発売)。以上ソニー・ミュージック。

「青の韻律」(日本音楽集団からの委嘱)
「Surge 1」(「現代ギター」誌に掲載)
「Surge 2」(「現代ギター」誌に掲載)
「Surge3」2011。第3楽章まで完成版2013
「Surge4〜浜蜻蛉につつまれて」2012
「Surge5 <風の膨らみ>」2013
「Surge6」2014
「Spring 1」2015
「二つの想い」2016
「Spring 2」2016

アクア 〜五月雨ながる〜」2008
(旧名「
いなほ、こがねいろ」(pf)
「子どものための花束1」(Cl. Pf)2011
「風のスケッチ」(Vn. Pf)2010

「空の奥へ…」(Fl. Pf)2009(改訂2016)
「花明かり」(pf)
「子ども〜大人のためのピアノ連弾作品(2012〜2013)」5曲をYou Tubeで公開中。

           その他多数

現在、楽曲分析のホームページを製作中。
日本作曲家協議会会員
JASRAC会員、全国学校ギター合奏コンクールの審査員
作曲家協議会主催「こどもたちへ」に4回出品(2012, 2014, 2015, 2016)

<管理者連絡先メール>
jt.music530*gmail.com

(上記メルアドの中の*を@に換えてお送りください。迷惑メール防止のためです。ご理解ください。なお個人情報などはきちっと管理致しますので、どしどしご意見をお寄せください。よろしくお願い申し上げます。

ホーム>プロフィール

item2
このサイトについて 著作権 管理者について LINKS LINKS